ライトアップウォーク概要ライトアップウォーク概要

西昌山 本岳寺

くつを脱いで建物に上がれます

本岳寺

開創以前の本岳寺は、祇園町(当時の矢倉門)にあり、聖福寺の末寺に属する禅宗の「本覚寺」というお寺で、「西昌」という僧が住持していました。この西昌はとても囲碁が強いと評判で、明応5年(1496)8月、京都より法華宗の日因上人が博多に赴き、直談の上、お寺を賭けての碁を囲む事になりました。これに日因上人が勝利を収めたため、西昌は約束通りお寺を譲ったのです。日因上人はお寺を日蓮宗に改宗、山号を先住の名をとって「西昌山」、本覚寺から「本岳寺」に変えたと伝えられています。本堂は大正年間(1912〜1926)に最上稲荷堂とあわせて建立されました。


《照明演出》

Yamagiwa

博多祇園山笠を「静」と「動」のテーマで表現。華やかな飾り山と疾走する舁き山のイメージを演出します。

山門
山門

扁額の金色が輝く山門と参道を疾駆する青いビームの演出のコントラストで山笠を表現、皆さまを本堂へと導きます。

釈迦誕生図・釈迦涅槃図の特別展示
釈迦誕生図・釈迦涅槃図の特別展示

当イベント期間中、本岳寺に伝承されている「釈迦誕生図」(オリジナルは九州国立博物館に寄託)や「釈迦涅槃図」など江戸時代初期より伝わる三幅を本堂内で特別に展示しています。

  • 主催:博多ライトアップウォーク実行委員会
  • 共催:博多区役所
  • 総合監修:松下美紀(照明デザイナー)
  • 事務局:博多区企画振興課
©博多ライトアップウォーク実行委員会