会場案内

まるごとミュージアム

有料会場萬松山 承天寺(方丈・開山堂)

無料会場萬松山 承天寺(仏殿)

※本堂に上がり参拝できます

住所 福岡県 福岡市博多区 博多駅前1丁目29−9
最寄駅・バス停 地下鉄「祇園 4番出口」徒歩4分
御朱印 境内寺務所 300円
※ライトアップ開催期間中はご朱印の提供は行っておりません。
照明会社 SD Lighting 株式会社
株式会社 共立電照
大光電機株式会社

臨済宗東福寺派。承天寺は仁治3年(1242)に創建。源頼朝によって鎮西奉行に任じられた大宰小弐武藤資頼が寺地を喜捨し、博多に居住して対外貿易に活躍した宋人貿易商の謝国明が大檀越(施主)となり、宋に6年間留学していた円爾(聖一国師)が帰朝後に開山しました。勅許により官寺とされ、西海の巨刹として栄え、盛時には塔頭四十三寺を有したと伝えられています。
聖一国師は宋から「うどん」「そば」「饅頭」などの製法を持ち帰り、粉食文化を広めたことでも知られ、さらに770年以上前に始まった博多祇園山笠の起源にも深い関わりがあります。

玄海灘を表現した枯山水の石庭はまさに圧巻!

高名な石庭、洗濤庭せんとうていが印象的な名刹。聖一国師が778年前に開山。

うどん、蕎麦、饅頭、粉食文化発祥の地!

博多の夏の風物詩、博多祇園山笠の起源に深い関りのあるお寺。敷地内には「うどん」「蕎麦」「饅頭」発祥の地を示す石碑もあり。今年はまるごとミュージアムの作品も展示。

照明演出

sdlighting

LIGHTING SYSTEM

洗濤庭、小径、開山堂

SD Lightingは、Social Designの意味合いを込め 社会をデザインする屋外専門の照明会社を描き社会インフラに寄与する、そんな“あかり”のサポート役でありたいと思っています。
歴史深い承天寺の魅力を「ナイトミュージアム」というコンセプトに乗せ、厳かな雰囲気を活かしながら楽しい演出を加えることによってさらに魅力的に照らす照明計画を行いました。
秋の夜の雰囲気をゆっくりとお楽しみください。



kyouritsu

LIGHTING SYSTEM

山門、勅使門、泉水庭

寺社仏閣と「ナイトミュージアム」、一見結びつかなそうなテーマですがゆるりと自然の動きを意識しながら魅せる照明を表現できればと思っています。
また、泉水庭では例年より開催が早いこともあり、紅葉とは違った表情をお楽しみ頂ければ幸いです。



daiko

LIGHTING SYSTEM

仏殿

屋根や庇上段を中心としたライトアップは、承天寺仏殿のスケール感を際立たせ、同時に、敷地の外からも期待感が高まります。
山門入った正面の鐘楼をはじめ、境内に点在する地蔵や石碑あるいは植栽を効果的にライトアップしていますので、広い敷地のスケール感を感じていただけるのではないでしょうか。
鮮やかな照明で照らされる仏殿と、その中で際立つ仏像のライティングをぜひご堪能ください。

方丈とは?

お寺を巡っていると「方丈」と書かれた額を目にすることはありませんか?「方丈」は四方が一丈(十尺、約3メートル)の広さを意味し、四畳半ほどの広さの建物や部屋のこと。なかでもお寺では、故事にちなみ住職の居室を方丈と呼びます。ちなみに、鎌倉時代を代表する随筆「方丈記」は作者の鴨長明が晩年に建てた方丈の庵で書かれたことに由来するそうです。

プラチナ協賛

ゴールド協賛

シルバー協賛

ページトップへ戻る

主催:博多ライトアップウォーク実行委員会
共催:博多区役所
総合監修:松下美紀(照明デザイナー)
事務局:博多区企画振興課

©博多ライトアップウォーク実行委員会