会場案内

有料会場潮音山 海元寺

住所 福岡県 福岡市博多区 中呉服町10-5
最寄駅・バス停 地下鉄「呉服町 4番出口」から徒歩6分
照明会社 株式会社KKDC-Japan

海元寺は浄土宗鎮西派に属し、応永3年(1396)大蓮社岌山上人によって開山されました。黒田長政公の入国時、現在の博多区千代町辺りから現在地に移されました。境内には閻魔堂と観音堂があり、平成28年6月に建て替えられました。閻魔堂には、槍持ちの源七が京都から閻魔像の首を持ち帰ったといわれる閻魔像が祀られ、観音堂には中呉服町の住人で、観音菩薩を深く信仰していた弥三次の発願によって作られたという「西国三十三所観世音菩薩」が祀られています。
毎年8月16日と1月16日には「えんま祭り」を開催しています。

怖いもの見たさの地獄!!なぜお寺に地獄?

怪しく浮かび上がる閻魔堂と、金色にまばゆく輝く観音堂が対照的なお寺。会期中は土日限定の夜市も開催。

照明演出

kkdc

LIGHTING SYSTEM

海元寺

海元寺は「閻魔堂」と「観音堂」のライトアップ。
閻魔堂は地獄の閻魔大王、観音堂は極楽の西国三十三所観世音菩薩。
地獄の暗くおどろおどろしい世界と, 極楽のこの上なく安楽で煌く世界の対比を光で演出します。閻魔大王は本当は地蔵菩薩が姿を変えて閻魔様となっています。
辛い修行をしたのちには、極楽へと導いてくださる。
不気味に見える奪衣婆も、ライトアップすると見る角度よって微笑んで見える。その有難さと優しさも感じてもらえるようなライトアップ演出をお楽しみ下さい。

催し物

海元寺「十王図特別展示」

期間中は、「えんま祭り」の際のみ公開される、地獄の恐ろしさが細かく描かれた十幅の絵図を特別に展示。

雅楽演奏会

鎮西楽所ちんぜいがくそによる雅楽演奏会

福岡県を中心に活動する浄土宗僧侶による雅楽の演奏会。「雅音慰佛」(雅楽の音色は佛をなごめる)を基本とした、心に沁み入る雅楽の演奏をこの機会にお楽しみください。

場所 海元寺 2階本堂
日時 10月13日(日) 17:00~17:45(開場16:30)
料金 無料
※チケット不要でどなたでもご入場いただけます。
定員 100名(先着順)

プラチナ協賛

ゴールド協賛

シルバー協賛

ページトップへ戻る

主催:博多ライトアップウォーク実行委員会
共催:博多区役所
総合監修:松下美紀(照明デザイナー)
事務局:博多区企画振興課

©博多ライトアップウォーク実行委員会