会場案内

無料会場葛城地蔵尊

住所 福岡県 福岡市博多区 上呉服町5-147
最寄駅・バス停 地下鉄「呉服町駅」徒歩4分
照明会社 オーデリック株式会社

本尊である梵字が刻まれた石碑は、延喜年中(901~923年)に地中から掘り出されたもので、その当時は浜辺であった冷泉津の「富士見坂」と呼ばれた当地に地蔵尊として祭られたものと伝えられています。その後、宝満山の修験者・山伏が鎮護国家のための『葛城入峰』の際には必ずこの地で法華経を詠む霊場となったため、「葛城地蔵」の名を称えるようになったといわれています。

この町には昔から大火事があったことはなく、福岡大空襲でも戦火は手前で止まり、焼け残りました。これは葛城地蔵尊のおかげだと信じられています。また、出征した町の青年30名も一人残らず無事帰還し、交通事故で亡くなった人もこの町にはいないそうで、「生き残り地蔵」ともいわれています。

地中より発見された梵字が刻まれた石

地中より発見された梵字が刻まれた石!

「生き残り地蔵」とも呼ばれる、数々の逸話が残る地蔵尊。梵字を刻んだ石碑が闇の中に浮かび上がり印象的。

照明演出

odelic

LIGHTING SYSTEM

地中より発見された梵字が刻まれた石

葛城地蔵尊

オーデリック株式会社では光×ミュージアムを葛城地蔵尊で演出するために、当社先進の技術LC-FREE RGBの照明を採用しております。
屋外のアプローチでは様々な色彩で壁面を演出し、本堂内でも非現実的な光で空間に存在感を表します。
魅力あふれる光の演出をご覧下さい。

プラチナ協賛

ゴールド協賛

シルバー協賛

ページトップへ戻る

主催:博多ライトアップウォーク実行委員会
共催:博多区役所
総合監修:松下美紀(照明デザイナー)
事務局:博多区企画振興課

©博多ライトアップウォーク実行委員会