妙典寺は永徳元年(1381)に筑後柳川で本成院日円上人によって創立されたとされ、当初は円理院と称したようです。日蓮宗の立教開宗350年にあたる慶長8年(1603)、第18世、戒光院日秀上人の代に地元有力者であった立花宗茂の家臣、薦野増時が現地に移し、博多における法華経の道場として、また薦野家の菩提寺として再出発を図ることになりました。現在の本堂と山門は天明5年(1785)、第32世、本妙院日定上人の代に再建されたもので、1945年の福岡大空襲からも焼失を逃れ、往時の姿を留めています。

照明会社
コイズミ照明株式会社

有料会場
松林山 妙典寺

屋内会場があります。
ライトアップウォーク限定ご朱印がございます。

住所  福岡市博多区 中呉服町9−12
最寄駅・バス停地下鉄  地下鉄「呉服町」から徒歩2分