龍宮寺は浄土宗のお寺です。開創時期は不明ですが、元はより海辺に近いところにあり、浮御堂といいました。貞応元年(1222)に博多津で人魚が上がったため、朝廷に奏上したところ、勅使として冷泉中納言がやってきて、検分のために滞在することになりました。この時、安部大富という陰陽師が人魚出現を「国家長久の端兆」と判じたため、人魚塚を建立し手厚く埋葬し、お寺の名を龍宮寺と改め、勅使にちなんで山号を冷泉山としました。
寺宝として「人魚の骨」「人魚の絵」を秘蔵し、境内には人魚の菩堤を弔う「人魚塚」があるほか、観音堂の聖観音像は伝・慈覚大師作の博多七観音のひとつです。

照明会社
コイズミ照明株式会社

有料会場
冷泉山 龍宮寺

屋内会場があります。

住所
福岡県 福岡市博多区 冷泉町4-21
最寄駅・バス停地下鉄
地下鉄「祇園駅」徒歩2分

演出ポイント

コイズミ照明株式会社
本堂へ続く石畳のアプローチでは「英華発外」をテーマとし、お堂から漏れる柔らかな光と素材の組み合わせで、龍宮のような美しい雰囲気を表現します。
本堂は「絢爛豪華」をテーマに、仏様や天蓋はきらびやかさを際立たせ、さらに天井の美しい装飾画を照らしあげて華やかな空間を作りだしています。
ライトアップウォークでしか見ることの出来ない、非日常な演出をぜひご体感ください。